So-net無料ブログ作成

ガソリン暫定税率廃止も絵に描いた餅でしたか

高速道路無料化が「当面」なくなり、ああ、やっぱりマニュフェストなどと言っても空手形かとおもっていたら、
今度はガソリンの暫定税率廃止も嘘でしたか。
高速道路については、まあ、想像がついていたけれど、ガソリン税に関しては、それが流通費用の圧縮に寄与するものだっただけに、誰もがその恩恵を享受できる政策だったにもかかわらず、実行されないとは。

結局、予算の問題を別にすれば(まだ流動的だしね)目玉政策で実行されるのは「子ども手当て」だけですか。
配偶者手当などの廃止から、複数の子どもを育てている人たちだけが利益を受ける不平等政策なんですけどね。
マニュフェストからすれば、それでも、他の政策を含めれば、納得できたからこそ、期待したのに。

これでは、消費税に反対していたはずが、自民党もできなかった税率引き上げを行なって国民を裏切った社会党と同じく、政権担当能力のなさをさらけ出して、自民党の長期政権を助ける政党にすぎないようですね。
ああ、その社会党が名前だけ変えた社会民主党と連立している段階で、倫理性の欠如はわかってはいましたが、これほどとは思いませんでした。

子ども手当てにしても、大半の善良な親が助かるのかもしれませんが、自分勝手な要求ばかり行なうモンスターペアレントや、貧困でもないのに身勝手に給食費を支払わない輩、ロクなしつけを行なわず、社会に迷惑ばかりをかけているような不良親も、その手当てを受け取るかと思うと、どうも納得できませんね。
これからは、躾ができていない子どもを叱って、親から文句を言われたときに、「俺達の税金で手当てもらってるくせに、躾もしないで文句を言うとは不届きなヤツ!」と履き捨てることができるということだけがメリットなのかもしれませんがね。

さて。民主党も結局は選挙における約束を守らない嘘つきだったとすると、いったい誰に政治を任せればいいんでしょうね。困った世の中になったものです。

(書いていて情けなくなるので、このブログは一定期間のみの掲載とします。)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。